門真市の賃貸|有matchホーム > クラスモ門真浜町店のスタッフブログ記事一覧 > 明治初めに流行ったペットとは?

明治初めに流行ったペットとは?

≪ 前へ|とことん追求した作品の魅力!   記事一覧   「じゃんけん」はいつからはじまった!?|次へ ≫

明治初めに流行ったペットとは?

カテゴリ:その他
今から約150年ほど前、明治のはじまりのころには、東京で流行したものとして、ザンギリ頭に帽子、新聞屋、士族の商法、牛肉屋の開店などがありました。

鉄道やレンガ造りの建物など、文明開化の中心となった東京で、実は珍しいペットが大流行しました。それは、外国産の珍しい兎(うさぎ)です。

「秘密の兎会」といった文字が新聞を賑わせたようですが、どうやら珍しい毛並みの兎は人気を博し、当時の巡査の初任給が4円程度だったのに対して、中には1羽数百円もの高値で取引されるなど、商家など富裕層や士族、僧侶までが熱狂したというのです。

兎は投機の対象となり、兎で一攫千金を目論む者も現れます。中には、白い普通の兎に色を塗った偽物を売るものが現れるなど大混乱。しまいに東京府は「兎会」の禁止に乗り出したのです。

最終的に東京府は、兎の売買を認めるかわりに、飼育する兎も含めて1羽につき月額1円の兎税を課せました。

兎1羽で月1円というのは、とんでもない重税です。

結局、この兎税の導入により、兎の価格は暴落。店先や兎会から兎の姿は消えてしまいました。

異常な兎のブームは沈静化しましたが、これは兎にとっては悲劇が襲いました。

二束三文で売買されたり、川に捨てられたりと、散々な目にあったといいます。

ただ、一部の兎愛好家たちは、その後も高い税金を払いなからも、ペットとして飼育し続けたようです。

今の時代も転売やお金儲けだけの手段で、本当に必要で欲しい人のもとに行き届かないことがよくありますが、憐れな結末にならないよう、節度を守ることが大事ですね!


≪ 前へ|とことん追求した作品の魅力!   記事一覧   「じゃんけん」はいつからはじまった!?|次へ ≫
  • LINE 友だち追加
  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • スタッフブログ
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    クラスモ門真浜町店
    • 〒571-0054
    • 大阪府門真市浜町27-6
    • TEL/0667809637
    • FAX/0667809639
    • 大阪府知事 (1) 第62985号
  • 更新物件情報

    2024-07-22
    カサベルデ交野の情報を更新しました。
    2024-07-22
    マイトレーヤハイツの情報を更新しました。
    2024-07-22
    RHYTHM香里園の情報を更新しました。
    2024-07-22
    コムズスクエア向島の情報を更新しました。
    2024-07-22
    三国マンションの情報を更新しました。
    2024-07-22
    グランドライフ北之坊の情報を更新しました。
    2024-07-22
    ヒカリハイツの情報を更新しました。
    2024-07-22
    キタヤマビルの情報を更新しました。
    2024-07-22
    崗本マンションの情報を更新しました。
    2024-07-22
    コムズスクエア大日の情報を更新しました。
  • WEB入居申込
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

 おすすめ物件


WindBell出口

WindBell出口の画像

賃料
5.9万円
種別
アパート
住所
大阪府枚方市出口5丁目
交通
光善寺駅
徒歩11分

WindBell出口

WindBell出口の画像

賃料
9.5万円
種別
アパート
住所
大阪府枚方市出口5丁目
交通
光善寺駅
徒歩11分

ART shinmori

ART shinmoriの画像

賃料
7.8万円
種別
マンション
住所
大阪府大阪市城東区古市3丁目
交通
新森古市駅
徒歩4分

ART shinmori

ART shinmoriの画像

賃料
8万円
種別
マンション
住所
大阪府大阪市城東区古市3丁目
交通
新森古市駅
徒歩4分

トップへ戻る